記事リスト

企業の上手な魅せ方

通話

生産性向上とコスト削減

昨今日本国内では、各企業の人手不足が嘆かれており、いわゆる売り手市場となっている。働きたいと思う人と人を雇いたいという需要と供給が一致しておらずかつ、各企業優秀な人材を確保したいにも関わらず新卒の内定辞退等の問題も多く起きており、企業側としては厳選しすぎて人手を確保できなかったり、思っていたより企業とのマインドの沿わない、あまり優秀ではない社員を囲うことになってしまうなど、リスクも高くなっている。そんなリスクを回避し、生産性の高い結果を出すことができるひとつの手段として注目されているのが代行サービスである。特に営業や専門職ではないバックオフィスの業務に関しては、各企業コストは抑えたいものの結果も欲しい、プラスアルファの価値が欲しいということで電話代行サービスなどを利用している企業は多い。今回は、数ある代行サービスの中でも電話代行サービスに絞ってそのメリットを紹介したいと思う。電話代行サービスの大きなメリットとしてあげられるのは、わざわざ専任で電話対応の部署をつくる必要がないため人財を育成する時間とコストを削減できるにも関わらず電話応対になれた人をすぐに即戦力で導入することができるという点である。これは特にスタートアップ企業やバックオフィスのいない一人で起業している人には得にメリットが大きい。また、電話など直接会うことができない環境でのクライアント対応は特に気を遣う必要があり、電話代行サービスで電話のピロフェッショナルを雇うことによってクライアントからのサービスのリピート率、満足度を向上させることができる要因となることも大きなポイントとなる。

Copyright© 2018 電話代行の利用で仕事を効率化【人件費を削減できる】 All Rights Reserved.